選ぶメガネによって目を大きく見せることができる

目を大きく見せることができるメガネは、人によって違うので、どうやったら目を大きく見せることができるのか、そのポイントをおさえることが大切です。目が小さいのを大きく見せることができるメガネを選ぶために、4つのポイントがあります。

メガネのフレームラインが自分のまぶたに沿ったものを選ぶことです。メガネのフレームラインが、自分のまぶたに沿ったものにすることによって、目の大きさを強調することができ、小さい目でも大きく見せることができます。したがって、たれ目ぎみのまぶたである方は、たれ目ぎみのフレームのものを、つり目ぎみのまぶたである方は、つり目ぎみのフレームのものを選びましょう。

目と目の幅が狭いことによって目が小さく見えている方は、テンプル。テンプルというのは、耳にかける部分のことをいいます。髪の毛で目の横を隠すと目が大きく見えるのと同じで、テンプルで目の横をカモフラージュすることによって、目の幅が狭いことを隠すことができ、目も大きく見せることができます。

ツーポイントタイプのメガネを選ぶ場合には、フレームがないのに、レンズも透明であると、目元の印象がさらに薄くなってしまうだけでなく、凹レンズの効果によって実際の目の大きさよりも小さく見えてしまうのです。

したがって、ツーポイントタイプのものにする場合には、色付きレンズにすることによって、レンズとお肌の境目がはっきりし、目が小さく見えてしまうのを防ぐことができます。

お肌の色が黄色っぽい色の場合、ブラウンやオレンジ、グリーンなどアースカラーがおすすめです。お肌の色が青色っぽい色の場合、シルバーやブルーパープルなど爽やかな色がおすすめです。


前髪をつくらずにセンター分けに目元を強調する

目元は実は前髪で決まる!?目の大きさを大きくみせたいならやっぱりぱっつんがおすすめって知ってた?目元の印象というのは、アイメイクだけでなく、前髪を駆使することによっても、変えることができます。目が小さいのをカモフラージュすることができる前髪として、3つの髪型があります。

前髪を使って小さな目を大きく見せたいけれど、パッツンの前髪はどこか幼い印象があるために、どうしてもしたくないという方もいらっしゃいます。そういった方でも挑戦できる前髪が、センター分けにするという方法です。センター分けにした前髪は、目の横を隠すようにスタイルします。おでこが出てしまうと、目が小さく見えてしまうのではないかと心配してしまうところですが、センター分けにした前髪で目の横の部分を隠すので、おでこが気にならなくなります。また、顔の横に髪の毛を持ってくることによって、小顔効果を期待することもできます。

目元の印象を変えるだけで目が大きくなりますし、ブスでも大きい目が可能になれるのを探すにはこの使えるがおすすめ。初心者でも通販はカンタンにできます。

 


パッツンで重めの前髪にする

おでこをすべて隠し、顔の面積を小さくすることによって、相対的な効果でどんなに小さな目でも大きく見せることができます。目の上のぎりぎりラインに前髪のラインを合わせることによって、目の横の部分を隠すことができ、さらには影もつくることができるので、白目のある目を大きく際立たせることができます。また、長さのあるパッツンの場合、根元を立ち上げてから落とすことによって、より陰影を濃くすることができるので、さらなる効果を期待することができます。

小さい方の目に向かって前髪を流してみる。よく目を見てみると、大きさが違って片方の目だけが小さいという場合があります。そのときにパッツンの前髪にしてしまうと、目の大きさの違いが際立ってしまうので、思ったよりも目を大きく見せられません。そんなときにおすすめの前髪が、小さい方の目に向かって、前髪を流すというものです。そうすることによって、小さい方の目だけに陰影をつくることができ、小さい方の目を大きく見せることができることから、バランスのとれた大きさにすることができます。


小さい目の場合やはりカラコンがお得!

目が小さいことで悩んでいる場合、カラコンをつけることによってその悩みを解消することが可能です。目が小さいのを大きく見せてくれるカラコンを選ぶ際に、2つのポイントがあります。自分の目が黄金比率となるカラコンを選ぶことです。

人の目というのは、黒目部分が白目部分に挟まれた形になっています。それを踏まえて白目部分を1、黒目部分を2とし、その割合が1:2:1になる大きさが黄金比率であるといわれています。白目部分の割合と黒目部分の割合がこの黄金比率である場合、どんなに目が小さい人でも目を大きく見せることができます。したがって、この黄金比率を分かるためには、まず自分の白目部分と黒目部分が何ミリメートルであるのか測ると分かりやすいです。それらを測ることによって、カラコンのサイズを決定することができます。

カラコンはカラーコンタクトなので、様々なカラーのカラコンが販売されています。カラーをただ楽しみたいという場合には、様々なカラーにチャレンジすれば良いですが、目が小さいのを解消するためにカラコンをつける場合には、できるだけ自然な目元を演出することができるカラーにするのがベストです。

例えば、自分の黒目部分が少し茶味掛かった色なのに、漆黒のカラコンを選んでしまうと、黒目部分が真っ黒になってしまいます。そうなると、黒目部分が強調されるので、目が小さいのも解消することができるのでは、と勘違いしてしまう方もいらっしゃいますが、黒目部分が真っ黒になると不自然に大きく見えてしまい、目が小さいのを解消することができるというよりも、あまり見つめたくない目になってしまいます。したがって、目の小ささを解消したい場合には、黒目部分のサイズに合ったブラウン系のものを選ぶか、フチがついていてフチまわりがグラデーションになっており、黒目の中心部分は透明になっているものがおすすめです。


眉毛の目の小ささの関係性とは?

眉毛は、どんなお顔であるかという印象について、決定権を持っています。それは、人の顔の印象は、その8割が眉毛によって決まるといわれているからです。したがって、眉毛を少し変えるだけで、目が小さいという印象も、目が大きいという印象へと変えることができます。

小さな目を大きく見せる目に変える眉毛にするためには、3つのポイントがあります。できるだけ眉毛の幅を狭くし、眉毛はお顔の他のパーツよりも、目に近い位置にあります。目と眉は切っても切り離せない関係にあり、どうしても目と眉を相対的に見てしまいます。目の幅よりも眉毛が長いと、目が小さく見えてしまうので、眉毛の長さを目の幅と同じくらいか目の幅よりもほんの少しだけ長いくらいにすることによって、目を小さく見えなくするようにできます。

できるだけ眉毛と目の間を開けないで、眉毛と目の間隔が開いていることによって、目が強調されなくなってしまい、目が小さいという印象を与えてしまうことになります。したがって、眉毛はできるだけ目に近づけるようにするために、眉頭を目に近づけるということと、できるだけ並行眉に近い眉にするということです。眉毛の色が濃いと、そちらの印象が強くなってしまうことから、目が小さく見えてしまいます。そこで、眉毛の色を薄くすることによって、眉毛よりも目が強調され、目を大きく見せることができます。

一般的に、眉毛の色は髪の毛の色よりもワントーン明るい色にするのが良いとされていますが、目が小さい方はワントーンプラスアルファ明るい色にすると良いでしょう。小さな目を大きく見せるための眉毛の書き方としては、眉頭をいつもより目に近いところに設定します。眉の色が濃くならないように、アイブロウパウダーを駆使します。ノーズシャドウを入れると、目の周りの陰影を出すことができるので、目を強調することができます。並行眉が理想なので、眉山はつくりません。眉山が強調される場合には、そこをカットしましょう。